「体験型滞在施設」として河北町ならではの四季折々の農業を活用した、体験活動を規格しています。

Menu

おしらせ

河北町の農業体験とは

べに花温泉ひなの宿 取締役支配人

 本町は山形県のほぼ中央の山形盆地に位置し、東に母なる最上川、南に清流の寒河江川をめぐらし、まわりに月山・葉山・蔵王と雄大な山々を眺望することができます。
また川と緑に囲まれた河北町は自然災害も少なく、肥沃な土地には収穫期に実り豊かな農作物をもたらします。

 本町では一昨年からグリーン・ツーリズム活動を展開し農業の活性化を図っております。自然や人々との交流を楽しみ、宿泊施設・キャンプ場を利用しながら、ご家族皆様で農業体験をしていただきます。

 体験の内容として4月にはじゃが芋・里芋の植え付け、5月には田植え、また6月にはサクランボ狩り、7月にはべに花の摘み取り、そして8月にはじゃが芋掘り体験、9月には稲刈り体験、10月には春に植付けしました里芋の収穫、収穫した里芋で山形名物の芋煮会や餅つきなど、春、夏、秋それぞれの農業体験企画をご用意しておりますので是非ご参加ください。

体験指導者、スタッフ一同皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

ページTOP